「無農薬野菜」とは

無農薬野菜とは名前だけ見ると農薬を使わずに栽培した野菜と思ってしまいますが実は違います。
正確には「栽培期間」の間に農薬を使わないで栽培した野菜です。
つまり栽培期間ではない間に害虫駆除等で農薬を利用していた場合でも無農薬野菜を名乗ることは可能ということです。

農薬を絶対に利用してはいない野菜ではないため、有機野菜に比べれば農薬による害はないわけではありませんが、それでも農薬にほとんど頼らず栽培をしていくために自分の体に入るのに安全性が高い野菜を作ることが出来ます。
それだけでなく農薬自体は人間の体に入ると何かしら害があるものもありますが、それは栽培している方も例外ではありません。
農薬を使うことで知らず内に自分の体内に悪い影響を及ぼしていることがあるのです。
無農薬を心がければ健康面の安全も守ることができるということです。

一切農薬を利用してはならない有機栽培の野菜に比べれば難易度としては下がりますが、それでも栽培期間中は一切農薬に頼ることができないため、一般の野菜よりも手間がかかることは避けられません。

個人で鉢植えや菜園を作ってそこに小規模な栽培をするのであればそこまで手間がかかりませんが、農業として仕事で無農薬野菜を作っていくのであれば農薬を使わないで作るからこそ、普通の野菜を栽培する時よりも気をつけなければならないこと、考えなければならないことが幾つも存在します。
では無農薬野菜を作っていく上で気をつけることも踏まえて考えていかなければならないことはどのようなものがあるでしょうか。

Copyright © 2014 無農薬野菜を栽培する際に気をつけること All Rights Reserved.